4つのNotの壁を突破して見込み客を誘導しよう

こんにちは、ユキです。

 

今回はコピーライティングの基礎となる

「4つのnot」について話していきます。

 

相手に価値を正しく伝えるためには、

4つの壁があります。

 

それを「4つのnot」と言います。

4つのnotとは

ネットビジネスをやる上で重要なのが、

見込み客を理解するということです。

 

見込み客が商品を購入するまでに

4つの壁があります。

 

4つの壁とは

  • Not Open
  • Not Read
  • Not Believe
  • Not Act

 

この4つになります。

この4つの段階を理解した上で

見込み客の心理状態を把握しながら

ビジネスを進めていきます。

 

商品に対する印象なんて人それぞれです。

 

商品に興味を持つ人・持たない人もいるし、

商品を購入する・購入しない人もいます。

 

見込み客には様々な段階があります。

 

それをコピーライティングでは

4つのnotと呼びます。

 

4つのnotについて1つずつ説明していきます。

Not Open 開かない

これは見込み客がアクセスさえしないことです。

  • アクセスしない
  • クリックさえしない
  • 気づいていない
  • 興味がない

いくら良いことを書いていても、

読まれなければ話になりません。

 

私達が最初にやるべきことは

見込み客に商品の存在を

知ってもらうことです。

 

存在を知ってもらわなければ、

商品を購入するという

選択肢が発生しません。

 

商品の存在を知ってもらわなければ、

スタートラインにすら立てません。

 

商品の中身は置いていて

とにかく私のことを知ってくれ!

 

といった感じです。

 

まずは知ってもらうことが重要です。

 

企業がテレビCMなどの広告に

多額のお金を払うことで

自社の商品の存在を広めています。

 

CMを見て商品の存在を知っても

その瞬間に買おうとは思いませんよね。

 

これは恋愛でも同じことが言えます。

 

気になる人と仲良くなりたいのなら、

まずは相手に自分の存在を

知ってもらう必要があります。

 

部屋の隅っこで突っ立っていても

相手には気づいてもらえません。

 

まずは相手に知ってもらうこと。

 

最初はそれに全力を注ぎましょうということです。

Not Read 読まない

見込み客に存在を知ってもらえても、

商品は売れません。

 

次は商品の詳細を知ってもらう

必要があります。

 

ここで立ちふさがる壁が

Not readです。

  • 読まない
  • 読みたくない
  • 頭に入らない
  • 閉じてしまう

こういった意味になります。

 

「あいつ?誰だったっけ・・・名前は知っているよ。」

といった段階です。

 

名前は知っているという状態から、

商品の詳細な情報を記憶に残しておくことで

 

「なにそれ面白そう!」

「もっと知りたい!」

 

と興味付けをする必要があります。

 

ここで話を読んでもらわないと、

次の段階に進めないので、

商品が売れません。

 

恋愛でも同じです。

 

名前は知っているけど

どのような人からよくわからない。

 

このままだと相手と仲良くなれません。

 

なので、

相手に自分のことを詳しく

知ってもらう必要があります。

Not Believe 信じない

存在を知ってもらえて、

中身も知ってもらえた。

 

でも、本当に信用できるの?

 

これが3つ目の壁のNot Believeです。

  • 信じない
  • 信じることができない
  • 理解できない
  • 閉じてしまう

こういった意味です。

 

要は信じてもらう必要があるということです。

 

見込み客は

「いい商品みたいだけど本当に効果があるの?」

と思っています。

 

見込み客の信用を得なければ、

商品は購入してもらえません。

 

 

なので見込み客に

自分の商品は本当に良いものだと

信じさせる必要があります。

 

恋愛でも相手に信用してもらえなければ、

親密な関係にはなれません。

 

名前を知ってどんな人かはわかったけど、

信用まではできないかな・・・

といった状態のままでは関係は進展しません。

 

このまま相手に信じてもらわなければ、

関係は進展しません。

 

だから相手に信じてもらう努力が必要です。

Not Act 行動しない

存在を知っていて、

内容も詳しく知っているし、

信じてもいる。

 

でも行動に移さない。

 

最後の壁がNot Actです。

 

  • 決定できない
  • 行動できない
  • 購入できない
  • 面倒くさい
  • 閉じてしまう

こういった意味です。

 

信じてもらうまで来たら、

後は購入してもらうだけです。

 

ここでNot Actの壁を乗り越えないと

振り出しへと戻ってしまいます。

 

人は商品を買おうと思っても

先延ばしにして結局買わないかったり、

行動しないことは多いです。

 

なにか買おう!と思っても

後で買えばいいやと後回しにしたり、

結局買わなかったりなどあると思います。

 

だから行動してもらうよう、

背中を押す必要があります。

最初は存在を知ってもらうことが重要

ビジネスをするのであれば、

4つの心理障壁を超えていかなければなりません。

 

まずはNot Openの壁を超えることに

全力を注いでください。

 

儲かっていない人、企業は

まず存在を知られていません。

 

どんなにいい商品やサービスを持っていても、

知られていなければ意味がありません。

 

中身が良かろうが悪かろうが、

知られていなければ売れません。

 

なので、

1つ1つ壁を越えて

段階的に進んでいきましょう。

 

商品のことをよくしらない人に

いきなり商品を買ってくれ!と言っても

買ってもらえません。

 

いきなり商品を売ろうとせず、

見込み客を誘導していってください。

 

1番大事なのは知ってもらうことです。

 

この4つの段階は

何にでも当てはめられます。

 

ビジネスでも恋愛でも

何にでも当てはめられます。

 

ぜひ使いこなしてください。

1 個のコメント

  • Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    アフィリエイトの勉強を始めました。

    なかなか反応がありません。

    でも、いろいろ面白いですなあ。

    勉強になりました。

    今後も訪問させていただきます。

    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    適応障害で休職したことをきっかけに自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。