マーケティング

AKB48のプロデューサー秋元康さんは天才マーケター。

こんにちは、ユキです。

 

AKBの他にも数多くのアイドルグループを

プロデュースしている秋元さん。

 

秋元さんのことを調べていくと、

彼は天才マーケターであることがわかりました。

 

秋元さんは近年は乃木坂、欅坂などの

人気アイドルグループもプロデュースしています。

 

彼の使うマーケティング戦略を分析してみました。

既存のアイドル像をぶち壊した

昔はファンにとってアイドルは手の届かない存在でした。

ある種の「偶像崇拝」みたいな感じでした。

 

AKBは「会いに行けるアイドル」というコンセプトで

アイドル=手の届かない存在から、

アイドル=身近な存在にしました。

 

普通の女の子がアイドルとして成長していく過程を

ファンと共有することで、

一気に親近感がわきます。

 

自分の応援が推している子の力になれると分かれば、

ファンは親心のような気持ちで応援し始めます。

CDに付加価値をつける

これはCDに握手券をつけたことですね。

 

CDに付いている握手券を買えば、

実際にアイドルと握手ができます。

 

ファンにとってはライブなどの感想を伝えたり、

アイドルと直接話ができる貴重な場です。

 

CDを買えば買うほど何回も会えます。

 

握手券の他にも秋元さんは

「AKB総選挙」の投票権をつけます。

 

AKB総選挙はファンの投票で

次のCDの選抜メンバーが決まります。

 

当然ファンは自分の推しメンを

上位にするために何枚も買います。

 

その結果CD不況と言われている状況で

ミリオンを次々と達成しました・

 

この方法は「AKB商法」と言われて批判されるやつですが、

私はありだと思います。

 

CDに付加価値をつけただけです。

 

そこにファンが価値を感じたから

大量に購入されているだけです。

 

ビジネスは濃いファンを作らなければなりません。

 

AKBの濃いファンがこれに満足しているのなら、

 

これはマーケティング戦略として成功です。

 

CDを買わなくても、スマホで音楽が聞ける時代です。

 

CDに握手券や投票権という

付加価値を付けたからこそ売れたのです。

市場の開拓と拡大

「会いに行けるアイドル」の一番の課題は地理的な限界です。

 

秋葉原を拠点とするAKB48の

リピーターになれるのは関東圏が限界です。

 

一部の熱狂的なファンを除けば、

頻繁に地方からやってくるのは難しいです。

 

その交通費も本来は利益として期待が可能です。

 

そこで秋元さんが打ち出したのはAKBのグループ化です。

 

SKEやNMBなどのAKBの姉妹グループを

地方に次々と作り出しました。

 

これで東京に会いに行けなかった

地方のファンを獲得することに成功します。

 

海外進出もするなど、

AKBは一躍トップアイドルグループになります。

 

トップアイドルの仲間入りをしたといえ、

人はそのうち飽きるものです。

 

飽きられることを見越した上での

AKBの公式ライバルグループ「乃木坂46」の結成です。

 

AKBの初期メンバーが卒業し始めて、

AKBの人気に影がさしてきたタイミングでの乃木坂結成。

 

公式ライバルグループの登場でファンも盛り上がります。

 

乃木坂メンバーは女性ファッション誌の

専属モデルをやっているメンバーが多いです。

 

ファッション誌という新しい経路から、

女性ファンを多く獲得しています。

 

AKBでは男性ファンが多かったのですが、

乃木坂で女性ファンを多く獲得し、市場を拡大しました。

 

乃木坂の知名度も上がり、

次は乃木坂の姉妹グループとして「欅坂46」を結成します。

 

AKBは会いに行けるアイドル、

乃木坂は王道のアイドルとといった感じですが、

欅坂は全く違う路線を歩みます。

 

欅坂の楽曲ってあんまりアイドルっぽくないんですね。

サイレントマジョリティーとか不協和音とか。

 

アイドルらしくない曲で

普段アイドルに興味がない人もターゲットにしました。

 

デビュー曲の「サイレントマジョリティー」は

アイドルファンを中心に反響を呼び、

普段アイドルに興味がない人にも浸透し、

それがMVの公開開始から15ヶ月で約6400万再生

という数字に繋がりました。

 

AKBグループ→乃木坂→欅坂とどんどん市場を開拓し、

多くのファンを獲得することで、

莫大な収益を上げています。

 

他にも若者に共感されやすい歌詞や、

真似しやすい振り付けでSNSの拡散を狙うなど、

いろいろな戦略が散りばめられています。





私は月収100万円を自動で稼ぐために、仕組みづくりに取り組んでいます。

100万円を自動で稼ぐと聞くと、とても怪しいと思います。

あなたには才能があったからそんなことができるんでしょ?
と言われたこともあります。

私は才能があったわけではありませんし、
ビジネスに関する知識なんてないし、
仕事上手くできませんし、
喋るのも苦手で友達が少ない。

そんな人間でした。

そんな私でも自信を得て、
目標のために日々精進しています。

ビジネスを学ぶことで人生が大きく変わりました。

私がビジネスで学んだ情報をメルマガで発信していきます。

メールマガジンの登録はこちら

ABOUT ME
ユキ
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です