情報発信を怖がってできない人へ。批判なんて気にする必要はない

こんにちは、ユキです。

 

情報発信を始めた際に

批判されたらどうしようと悩んで

行動できないと

 

できたてサイトはアクセス数少ないですし、

差別や誹謗中傷など悪質な内容でなければ

批判を心配する必要はありません。

記事はちゃんと読まれない

開設したばかりのサイトは

検索エンジンからのアクセスはほぼないです。

 

最初はコンテンツ数の少なさもあって、

なかなかアクセス数は伸びません。

 

開設したてのブログはアクセス数も少ないですし、

そもそも読者は文章をちゃんと読みません。

 

批判を恐れるあまり行動できないのは

あまりにももったいないです。

情報発信はメリット大きい

情報発信はメリット大きいです。

  • アウトプットにつながる
  • ファンができたり、マネタイズにつながる
  • 情報が集まってくる

インプットされた情報は

アウトプットしなければ定着しません。

 

得た情報をアウトプットとして、

コンテンツにすれば知識も定着しますし、

それで色んな人と繋がったり、

新しい仕事につながることもあります。

 

そこから表には出てこない有力な情報を聞けたり、

など情報発信にはメリットばかりです。

 

情報発信している人としていない人には

大きな差が開いていきます。

 

みんなが自分のメディアを持って

情報発信ができる時代です。

 

昔は企業しかできなかったことを

個人ができるようになっています。

 

それを活用しないことはもったいないです。

どんな発信をしても批判する人はいる

基本的に差別や犯罪などの内容を書かなければ、

批判されるようなことはほとんどありませんが、

全くいないわけではないです。

 

とにかく批判しまくるっていう人もいます。

そういう人は基本的に相手が羨ましいという嫉妬心でやっています。

そんな事するより、自分のためになることをしたほうがいいと思いますけど。

 

正当な批判は受け止めるべきですが、

嫉妬などの批判コメントは無視するべきです。

 

そういう相手に関わっても時間の無駄です。

みんな情報発信をするべき

情報発信をしても基本的にはそんな見られませんし、

批判されることはありません。

 

何をしても批判されることはあるので、

正当性のない批判は無視して大丈夫です。

 

情報発信は批判などのデメリットを超えて

有り余るメリットがあります。

 

情報発信を初めて人生が変わった人は多いです。

 

自分の人生を本気で変えたいと思う方は、

批判を恐れずに情報を発信していってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です