人は基本的に行動できない。追い込んで行動させるしかない

こんにちは、ユキです。

 

今回は人間は基本的に行動できないから、

やるしかないような状況に追い込む必要があることについて述べていきます。

 

ネットビジネスの世界ではやる気はあっても

行動できない方が多いんです。

 

行動できなきゃ何の意味もありません。

明日やるとか言ってる人は絶対やらない

仕組みづくりなど必要な作業を

「今日はいいや、明日やろう。」と言って後回しにする。

 

翌日になって「明日やればいいや~」と言って、

また後回しして結局何も行動できていない。

 

このような人は結構います。

 

今できることは今やりましょうよ。

 

いつも後回しにし続けていると、

いつまでたっても稼げるようにはなりません。

 

すぐ行動できる人は、

行動できない人よりも圧倒的に稼ぎやすくなります。

自分の行動力に疑いを持て

自分のことは基本的に信じてはいけません。

人は楽をしたい生き物です。

 

やらなければならない理由がないのに、

死ぬ気で行動し続けるというのは無理なんです。

 

だから、行動しなければならない状態を作り出す。

 

自分が家で作業できるとは思わないから、

外で作業するなど。

 

家での作業では眠くなったり、

他のこと始めたりするんですけど、

外だと気が引き締まってそういう事しなくなります。

強制的に行動させる罰金ルール

自分を行動させるための方法の1つとして

「罰金ルール」というものがあります。

 

周りの人など(ブログやメルマガでもいい)に

「1ヶ月で動画50本取ります。できなければご飯おごります。」など

宣言することです。

 

ご飯おごる以外には、

お金を振り込むなどがあります・

 

実際の例として

「動画100本投稿できなければ、寿司をおごります。」

「記事100記事投稿できなければ、100万円振り込みます。」

というものがありました。

 

これを見て、

「100万円とか高っ!」と思った方は

その時点でおかしいです。

 

達成できれば払う必要なんてありません。

 

金額などを気にする方は

無意識に達成できなかった時の言い訳を考えています。

 

できない前提で考えているから、高く感じるんです。

 

金額は低くなると、

罰金ルールの効力が弱まりますが、

高い分には問題ないです。

 

500万や1000万だっていいと思います。

やれば払う必要ありませんし。

ノルマを設定すれば嫌でも行動する

人は損失に強く反応する性質があります。

 

罰金ルールを使うと、

金払って損したくないから死ぬ気で作業します。

 

宣言すると迷いが消えて、

行動できるようになります。

 

やらないと損をする、

やる以外の選択肢が消えるんです。

 

言い訳ができない状態だと人はすごい力を発揮します。

 

普通だったらできるわけ無いだろと思えるようなことでも、

できるようになります。

 

自分に期待していても行動できるようにはならないので、

罰金ルールを活用して自分を強制的にでも行動させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です