マズローの欲求5段階説とビジネス

こんにちは、ユキです。

 

今回は「マズローの欲求5段階説」について話していきます。

マズローの欲求5段階説

心理学者のアブラハム・マズロー氏が提唱した

人間の欲求を5つの段階で表した理論です。

 

人間の基本的な欲求は5段階のピラミッドのように構成され、

下の段階の欲求が満たされると、

上の段階の欲求を求めるようになります。

 

欲求の順番は上から

  1. 自己実現欲求
  2. 承認欲求
  3. 社会的欲求
  4. 安全欲求
  5. 生理的欲求

 

となっています。

 

図に表すとこんな感じです。

 

これはどんな場合でも人と関わる場所においては使えるので

意識してみてください。

 

5つの欲求について下から順に1つずつ説明していきます。

1.生理的欲求

生理的欲求とは人間の本能的な欲求です。

これらの欲求は生きていくためには欠かせないものです。

 

食欲や睡眠欲など人間の三大欲求が当てはまります。

 

睡眠不足だったり、

満足のいく食事が取れていないなどの理由で

欲求が満たせていないと

生命維持に支障をきたす恐れもあります。

 

生理的欲求は非常に重要な欲求です。

 

生理的欲求が満たされると、

次は安全欲求を満たしたくなります。

2.安全欲求

安全欲求は安心・安全な暮らしがしたいという欲求です。

 

例えば、

雨風をしのげる場所に住みたい、

健康に暮らしたいなど。

 

生活の基本的な要件を表した

衣食住で表すと、

衣・住の部分です。

 

これは生理的欲求と伴って

生命の基本的な欲求の1つです。

 

常に危険な状態だと、

他の欲求は考えられなくなります。

 

なので、

生理的欲求と安全的欲求は

最低限守るべき欲求です。

 

商品を売るのであれば、

生理的欲求や安全的欲求を意識させるような

文章を書くと商品が売れやすくなります。

3.社会的欲求

社会的欲求は集団やコミュニティに属したり、

仲間を求める欲求です。

 

人は安全が確保されると

自己を表現したくなります。

 

自分のアイデンティティの形成のために

他者と繋がろうとします。

 

この欲求が満たされないと、

人は孤独感や社会不安を感じます。

4.承認欲求

承認欲求は他者から認められたい、

尊敬されたいという欲求です。

 

人は他者と繋がると、

その中でも自分の存在を優秀だと

認められたいと思うようになります。

 

地位や名誉を求めたり、

他者から注目されたいなどが当てはまります。

 

よくTwitterやYouTubeで

イタズラ動画や画像で世間を騒がせる方がいますが、

それは他者から注目されたいと言う欲求を

満たそうとしての結果です。

 

Twitterやインスタでいいねを求めるのも

承認欲求です。

 

この欲求が満たされないと、

劣等感や無力感に襲われます。

 

最初の下3つの欲求は

自分の内から出てくる欲求ではなく、

外からくる欲求です。

 

食べたい、寝たい

健康的でいたい

仲間が欲しい

というのはあくまで外的な欲求です。

 

それに対して承認欲求や自己実現欲求は

自分の内から出てくる欲求です。

 

自分の心を満たしたいという欲求です。

 

人間は欲張りなもので、

仲間を得ればその仲間に認めてほしくなります。

 

こんな感じで欲求はどんどん上がっていきます。

5.自己実現欲求

自己実現欲求は自分が立てた目標を

自分でクリアする喜びを得たいという欲求です。

 

成長したいとかが当てはまります。

 

承認欲求が満たされると、

あるべき自分になりたいという欲求が生まれます。

 

肉体的な欲求でもなければ、

精神的に他者に依存する欲求でもないので

この段階まで至っていない人は

理解に苦しみます。

 

けっこう混同されがちですが、

承認欲求には成長したいは当てはまりません。

 

人に尊敬されたい、

認められたいという欲求です。

6.自己超越

自己実現欲求はマズローの欲求5段階説では

最大の欲求になります。

 

マズローの欲求5段階説には

もう1つ上の段階があります。

 

自己超越という段階です。

 

目的の遂行・達成だけを純粋に求めるという段階です。

見返りも求めずエゴもありません。

 

自己実現の段階にまで至ると、

見返りを全く求めないので、

無償の愛のレベルです。

 

この段階にまで至っている人は

全人口の2%ほどだと言われています。

ビジネスをするなら承認欲求までは満たそう

自己超越までは至るのはなかなかできないので、

ビジネスをやるなら自己実現までは達成してほしいです。

 

ビジネスは自己実現の段階に当てはまります。

 

ビジネスの基本は価値を提供することです。

 

自分ができることや知っていることを

他の人にも教えたいというのは

自己実現に近い考え方です。

 

誰かに認めてもらいたい、

自分がどこかに所属していたいとか、

そういうレベルだとなかなか売れなかったり、

お客さんが集まりません。

 

ビジネスをするのであれば、

自分はどの段階まで満たされてるのかを

知る必要があります。

 

ビジネスを始める理由が

お金がほしい!とかでも良いんです。

 

でもそのままだとうまくいく確率は低いです。

 

自分のことしか考えていないと、

お客さんにはそれが伝わります。

 

自分本位な人に人はついていきません。

 

承認欲求はとても強い欲求です。

簡単に満たされるものではありません。

 

大金持ちでもSNSでたくさんいいねをもらえるくらい

ファンがいても満たされるわけではありません。

 

承認欲求には自分を受け入れて

自身をつけることも含まれます。

 

自分を過去を振り返ったり、

自分を受け入れてくれる人といたり、

自分の短所も受け入れることが大切です。

 

そういうことでだんだんと欲求を

満たしていってください、

 

承認欲求までは満たさないと

ビジネスでずっとうまくいくのは難しいです。

 

欲求を1つずつ段階を踏んで

満たしていってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

適応障害で休職したことをきっかけに自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。