資格を取れば金持ちになれる!という時代は終わりました

こんにちは、ユキです。

 

私は専門学校に入学して、

いろいろと資格を取りました。

 

簿記やMOSなど資格を取りましたが、

役に立ったかというとそうでもなかったです。

 

資格は就活の際はあったほうが有利ですが、

必ず取らないといけないわけではありません。

 

自分のなりたいものに関する資格は

取るべきだと思いますが、

目的もなしに資格を取ろうとしても

あまり意味がないと思います。

資格はとっても必ず役に立つわけではない

資格を取っても必ず役に立つわけではありません。

 

役に立つよりは、

あんまり役に立たないことのほうが多いです。

 

私は簿記2級やMOS Excelなどの資格を持っています。

 

工場勤務で製品の検品が主な仕事だったので、

仕事に役立てることはできませんでした。

 

取った資格は履歴書に書く項目を増やしただけでした。

 

役立つと言われる資格を持っていても、

会社の業種や自分の職種次第で

役に立たなくなることもあります。

 

自分がなりたい職業に必要であれば別ですが、

何も考えずに資格をとっても無駄になるだけです。

価値の高い資格を持っていても稼げないこともある

資格を持っていても、

必ず稼げるわけではありません。

 

価値の高い資格に

公認会計士・税理士・弁護士などがあります。

 

これらの資格を取れば

大金持ちになれると思うかもしれませんが、

資格をとった人みんながお金持ちになれるわけではありません。

 

特に資格を持っていれば

安泰といえない職業が弁護士です。

 

弁護士はとても稼げる職業と思われがちですが、

会社員の平均以下の年収の弁護士もいます。

 

C型肝炎や過払い金などの大きい案件が

落ち着いたこともありますが、

弁護士の人数が増えて

弁護士全体の年収が下がってきています。

 

難関の司法試験を突破してまで弁護士になったのに

会社員の平均以下の年収とか割に合わなさすぎです。

資格の勉強するよりはマーケティングなどを学ぶべき

資格を取得しても上がる給料なんてほんの少しです。

 

資格勉強に時間を割くよりは

マーケティングなどのビジネスの勉強をして、

自分で稼げる力を身につけるほうがお得です。

 

マーケティングの知識を学べば、

就職に困ることはありません。

 

お金持ちになりたいのなら資格を取るよりは

マーケティングの勉強をするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です