マインド

貯金をするより、自己投資に使ったほうがいい理由

こんにちは、ユキです。

今回は貯金するより、自己投資に使ったほうが良いということについて述べていきます。

 

私は昔、めちゃくちゃケチで貯金が趣味になっていた人間でした。

今思うと貯金するよりは、自己投資にお金使うべきだったと思います。

貯金=美徳という考えはプロパカンダの影響

日本人は世界一貯金が好きと言われるくらい、皆さん貯金好きです。

 

なぜ日本人が貯金好きかというと、国が戦争を行う際の資金集めで国民の愛国心を煽り、国民に貯金をさせたことがきっかけです。

それがエスカレートして貯金を強制的にさせる法律を作ったりしました。

 

戦後には復興資金を集めるために、また貯金を勧めました。

つまり、政府が資金集めのために国民に貯金を勧めたという話です。

 

日本人の貯金好きは民族性ではなく、洗脳に近いようなものです。

現状が不安なら、脳に知識をぶち込んでいく

貯金をする理由は、老後や何か会った際の蓄えのためだと思います。

そんな事をするより、お金を使って脳に知識を入れていくことがおすすめです。

 

頭の中を工場に例えてみると、生産性を上げるために設備に投資をすると生産性が倍に上がります。

お金をケチって古い設備を使い続けるより、お金を払って良い設備を使ったほうが良いですよね。

 

自己投資をしていくと、何も投資していない人と比べて、成長スピードが段違いです。

設備の質がどんどん高まって、生産性がものすごいことになります。

貯金自体は悪くはないが、何も考えずにやるのがダメ

私は貯金はせずに、全部自己投資に使うことはあまり勧めていません。

お金がないと不安になりますし、必要最低限の貯蓄はしたほうがいいと思います。

 

何も考えずに「とりあえず貯金しよう」と貯金するなら、自己投資に回して、自分の価値を高める方が将来的にお得です。

投資しまくって価値の高い人間になれば、就職先には困りません。

 

将来のリスクを回避したいのなら、貯金ではなく自己投資をすることをおすすめします。



私は月収100万円を自動で稼ぐために、仕組みづくりに取り組んでいます。

100万円を自動で稼ぐと聞くと、とても怪しいと思います。
あなたには才能があったからそんなことができるんでしょ?と言われたこともあります。

私は才能があったわけではありませんし、ビジネスに関する知識なんてないし、
仕事上手くできませんし、喋るのも苦手で友達が少ない。
そんな人間でした。

そんな私でも自信を得て、目標のために日々精進しています。
ビジネスを学ぶことで人生が大きく変わりました。

私がビジネスで学んだ情報をメルマガで発信していきます。


メールマガジンの登録はこちら


ABOUT ME
ユキ
ユキ
適応障害で休職したことをきっかけに自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA