昔は酒飲むことで現実逃避して、アルコール依存症になりそうだった。

こんにちは、ユキです。

 

今回は昔ストレス溜まりすぎて、

お酒に依存している状態になっていた時の話をしていこうと思います。

 

昔は酒を飲んで現実逃避をしていて、

酒が一番の楽しみのような状態でした。

 

 

お酒=ストレスを発散する手段だった

職場はストレスがたまる環境で、

残業も多いし、人間関係も良くない。

 

そのせいかひどい肩こりに悩まされるなど、

体はボロボロ。

 

職場で溜まったストレスを

お酒を飲むことで発散していました。

 

酔うとふわふわしてきて、

楽しい気分になってくるんです。

 

飲み会とか行きまくってました。

 

時間立つと頭がやけに冷静になってくるのが嫌で、

酒をどんどん飲みまくる。

 

翌日は体とかめっちゃ調子悪くて

あんまり動けないような状態でした。

 

調子悪くなるとわかっても、

酒を飲みまくることをやめられませんでいた。

 

酒飲んでいるときは何も考えずに

済んだからかもしれません。

 

アルコールに依存しているような状態でした。

あのときの私は本当にダメだった。

職場が辛くて現実逃避しまくっていました。

 

酒飲めば現実を直視することないから、酔っ払う。

ただのアル中じゃねえか。

 

翌日が休みだったら、

とりあえず酒を飲む。

 

私は胃がそんなに強くないのですが、

そんなの関係ねぇ!とばかりに飲んでいました。

 

休みの前日は酒を飲んで翌日胃が荒れるというは

よくあることでした。

 

そのままだったら胃潰瘍になっていたかもしれません。

酒を飲む暇があるなら勉強するべきだった

これは過去の自分にめちゃくちゃ言いたいです。

 

お前酒のんで現実逃避している暇があるのなら、

ちゃんと勉強したほうがいいと。

 

ビジネスを勉強している今は酒を飲むことが激減しました。

 

昔は酒が楽しみだったのですが、

今は勉強することが楽しみです。

 

酒を飲んで現実逃避をするしかなかった昔から

大きく変わりました。

 

ビジネスに出会ってよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

適応障害で休職したことをきっかけに自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。