社長の仕事はたった3つだけ。労働をしない人ほど収益が伸びる理由とは。

こんにちは、ユキです。

 

今回は

社長が本当にやるべきことはたったの3つしか無い

ということについて述べていきます。

 

掃除とかする社長はいますが、

社長がやるべきことは「収益を伸ばすこと」なんです。

 

掃除は他の人に任せて、

社長にしかできない仕事をやるべきです。

社長の3つの仕事とは

社長の3つの仕事とは

  • 仕組みを作る
  • マーケティング
  • お金を払うこと

この3つだけです。

 

この3つの仕事以外の雑務は

社長のすることではありません。

 

社長の仕事は収益を上げることです。

 

任せられる仕事はツールや他の人に任せて、

収益を上げることに集中してください。

1.仕組みを作る

社長は自分がいかに労働をせずに済むか、

考えるべきです。

 

従業員の教育の際、

社長が直接指導する会社もあるみたいですが、

これは完全に労働です。

 

社長が直接教育に当たらなくても、

勝手に優秀な従業員が育ってくれるような

仕組みを作らなければ、

労働者から脱出できません。

 

例えばマニュアルを作って、従業員に配布する。

 

YouTube動画を撮っても良いと思います。

 

このように社長が指導しなくても教育ができる仕組みを作れば、

教育に時間を取られなくなります。

 

新しい従業員が入っていくるたびに何回も同じこと言うなら、

マニュアル作って渡したほうが早いです。

 

マクドナルドや吉野家などのチェーン店で

高校生でもちゃんとした仕事ができるのは

マニュアルがあるからです。

 

仕事の内容がマニュアル化されていると

従業員も仕事を覚えやすくなります。

 

1度仕事を教えてもらっただけで、

そのとおりに仕事ができるような人はそんなにいません。

 

マニュアルがあれば、

空き時間などに復習をすることができます。

 

1度教えてもらったことを聞き直すのって、

結構勇気がいります。

 

「それ前にも教えたよね!?」とか言われることもありますし・・・

 

それもマニュアル化されていれば

誰かに聞き直す必要なんてなくなります。

 

マニュアルを確認すればいいだけです。

 

このような感じで社長は、

いかに教育を自動化させていくかなどを

考えて行く必要があります。

 

人を雇う社長を例に出しましたが、

ビジネスをしている人たちも考え方は同じです。

 

これは本当に自分しかできない仕事なのか

ツールや他の人に任せることはできないかなど

考えられることはあります。

 

時間・経済的に自由になりたいのであれば、

仕組みを作ることは不可欠です。

 

ビジネスをしている方は、

仕組み化を取り入れていってください。

2.マーケティングをする

社長は商品を売るための、

戦略を立てることも仕事の1つです。

 

稼いでいる人や会社をリサーチして、

「なぜあそこは儲かっているのか」と分析していきます。

 

そして集めたデータをもとに戦略を立てていきます。

 

成功したいのなら、

稼いでいるところからパクることが一番です。

 

パクると言っても記事のコピペとかではありません。

 

思考や構造などををパクってください。

 

ビジネスモデルをパクりまくって、

かなり儲かっている企業もあります。

 

パクって良いところは徹底的にパクってください。

3.お金を払う

従業員に払う給料や、

ツールなどに支払うお金などです。

 

持っている資金をどのように使うのか。

お金の管理も社長の仕事です。

まとめ

社長は誰でもできるような労働をしてはいけません。

 

この作業は本当に自分しかできないことなのか、

ツールや人に任せられうことはできないかなど考えるべきです。

 

任せられる仕事は他に任せて、

社長は新しいビジネスなどを考えられる時間ができます。

 

労働しまくる人のほうが儲かると思われがちですが、

仕組みを作って時間に余裕を持っている人ほど稼いでいます。

 

いかに自分が楽できるかということを考えて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

適応障害で休職したことをきっかけに自由に生きたいと思うようになり、 ネットビジネスの世界に飛び込みました。